女性

βグルカンの驚きの効果を知ろう|がんに打ち勝つ

内臓脂肪減らす葛の花成分

ウエストを測る人

腹周りのダイエットに効果

若いうちはスリムな体型だった人も年齡とともに脂肪がつきやすくなり、いわゆる中年太りの体型へと変わってしまうものです。そのような脂肪にも皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があって、典型的な中年太りの原因となる腹周りの脂肪は後者に属します。この内臓脂肪はさまざまな生活習慣病の原因となることが知られているため、体型をそれほど気にしない人でも注意が必要です。皮下脂肪と比べて内臓脂肪は燃焼しにくいと言われており、通常のダイエット方法ではなかなか落とすことができません。脂肪を全体的に減らしていくためには食事制限や運動も効果的ですが、内臓脂肪にまでダイエット効果が及ぶのは皮下脂肪よりも後と見た方がいいでしょう。しかしながら栄養補助食品の中には特殊なダイエット効果を持つ製品も多く、そのようなサプリメントを食生活に取り入れることで内臓脂肪の燃焼を促すことも可能です。葛の花に含まれるテクトリゲニン類のイソフラボンにはこの内臓脂肪を減らす効果があると言われており、健康食品市場でも注目を集めています。葛の花由来イソフラボンを配合したサプリメントにもいくつかの種類がありますが、中でもヘラスリムは機能性表示食品として消費者庁に届出されています。ヘラスリムを使用した臨床試験も実施されて安全性が確認されており、葛の花イソフラボンを含むサプリメントの中でも信頼性が高いのです。サプリメントの効果は配合成分の含有量によっても大きく左右されるものですが、ヘラスリムは1日の摂取量に含まれる葛の花イソフラボンが42mgとなっています。これは同じ成分を含むサプリメントの中でも多くなっており、それだけ内臓脂肪を減らす効果も高いものと考えられます。サプリメントは医薬品と違って短期間の服用で即効性を発揮するわけではありませんが、ヘラスリムの臨床試験では数ヶ月間の継続使用で内臓脂肪の減少効果が確認されています。