女性

βグルカンの驚きの効果を知ろう|がんに打ち勝つ

飲んだ翌朝も爽やかに起床

女の人

目覚めを良くする仕組み

主にシジミに多く含まれるオルニチンは、2日酔い対策のサプリメントとしても人気の商品です。飲酒によってアルコールを摂取しますと、体内ではその代謝の段階でアンモニアが増しますが、脳や体にアンモニアがたまりますと、疲労感を招くことが分かっています。オルニチン自体は人の体にも遊離アミノ酸の1つとして存在しており、血液と共に体中を流れるほか、肝臓にてアンモニアの解毒に従事することが特徴です。オルニチンは有害物質を処理するという重要な役目を持っていますが、この働きが、2日酔いに対して優れた効果を持つ理由とされています。また、人はストレスに晒されますと、ストレスホルモンとも言われるコルチゾールという物質が副腎皮質から分泌されますが、アルコールを飲んだ場合も、この物質が増えてしまうのです。しかしオルニチンには、コルチゾールをも減少させる働きがあり、睡眠を良質なものへと向上させ、疲労感を効果的に回復させる作用も期待できるようになっています。また、オルニチンは肝臓の疲労回復もサポートし、その働きを支える役割りを持っているのです。そのため、オルニチンのサプリメントを飲むタイミングは、アルコールを飲んだ後など、夜寝る前に摂取することが効果的となっています。睡眠の質を高め、寝ている間にしっかり疲労物質を取り除くことが大切ですから、翌朝に飲むのではなく、サプリメントは就寝前に利用しましょう。そのことで、2日酔い特有の目覚めの悪さの解消が目指せます。