シャレオツな物が大好きなマチコの成り上がり日記

シャレオツな物が大好きなマチコの日々を綴ります。

妊活前に知っておきたい!

妊活中にもかかわらず、コーヒーのような飲み物が好きで、飲み続けている方は注意が必要です。
コーヒーに含まれているカフェインというものは、体を冷やしてしまうという効果を持ちます。
冷えると血のめぐりが悪くなり、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の働きを低下させることにも繋がります。

たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、摂取は控えめにした方がいいでしょう。
妊活の最中は飲み物にも注意しましょう。
カフェイン入りの飲料は着床に悪影響を及ぼしたり、体を冷やす作用があるので妊活をしている時には避けた方がいいでしょう。

体内を温める作用のあるお茶でカフェインが入っていないものがよいでしょう。
具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬でもあるたんぽぽ茶などはおすすめです。
皆さんお分かりのこととは思いますが、妊活の最中は体の健康を保持することが前提条件と言えます。

健康を維持するために大切なことは栄養バランスを保つことと、適度に体を動かすことです。
肥満に陥らないようにするためでもあるのですが、血行を良くして、栄養分が素早く運ばれるようにすることも目的の一つです。
一つの例として、少し散歩をするぐらいでいいと思います。

果物を食べる事は妊活中であっても大変良いことは、ご存知かと思います。
でも、どうせ食べるのなら、より妊活のためになるような果物の摂取が出来るのが理想的だと思いませんか?あまり知られていないのですが、果物によっては体を温めて冷えをとってくれる効果が期待できるものも存在するようです。
代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。

生の状態でももちろん、ドライフルーツでも大丈夫です。
子供を授かるために妊活をしている最中は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。
野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温める作用があります。

反対に、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった旬となる時期が主に夏の野菜です。
果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、温かい飲み物がよいと思います。
妊活においては、女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦において、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。

では、男性が出来る妊活の一つ、食事について考えていきましょう。
男性の妊活に効果があると言われている栄養素には、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。
毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、より妊活の成果を上げることを目指してください。

自明のことですが、妊娠や出産は、夫と妻の協力が不可欠です。
それはどういう事かといいますと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。
実際に子供を産むというのが女性だからといって、一歩間違うと妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫婦ともに協力しなければ妊娠出来る確率が低下してしまいます。

近年、我が国では数年にわたって妊活で大変な思いをしている夫婦も多数いることが予想されます。
社会的にも少子高齢化問題が深刻化する中、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて苦戦している夫婦は増えつつあります。
国はもっと総力を結集して、子供を作ること、育てることに適した国にしていくべきではないでしょうか。

近頃、妊活に効果的な方法として世間ではお灸が注目され始めているようです。
伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスしてメリットとして、副作用がないということも挙げられます。
体には妊活に効くと言われているツボもたくさんあり、自宅で出来るお灸製品も販売され簡単に行うことが出来ます。

騙されたと思って挑戦してみては?真剣に妊娠を計画している方は、まずは産婦人科等で一般的な不妊検査を終わらせておくと良いでしょう。
検査結果に問題が無くても妊娠のための専門的なアドバイスや排卵周期からタイミングのよい性生活の指導も受けられるので、心強いですよね。
実際に妊娠する前から専門の医療機関を受診しておくのをお勧めします。

http://www.uudiet.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress